忍者ブログ
日本公開前の映画の紹介* 見た目は大人 頭脳はハッピーセットな管理人の嗜好も*
23 . November
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09 . February

相変わらず濃いわ〜〜のコリンですな

「Ondine」
漁師のシラキュースの網に偶然かかった一人の女性オンディーヌ
彼の一人娘のアニーは、彼女が人魚と信じて疑わない
そんな彼女にシラキュースはやがて恋心を抱くようになるが…




人間の男性と心を通わせると、やがて不幸が訪れる…という言い伝えがある「オンディーヌ」
原作はドイツの詩人フリードリヒ・フーケの「ウンディーヌ」
バレエやオペラなどの作品で有名な題材ですね。

撮影はアイルランド
監督はニール・ジョーダン
オンディーヌ役はリアル妻のアリツィア・バフレダ

去年トロントで行われた国際映画祭の上映会には
アイルランド出身のU2のボノとエッジも訪れたそうです。

ちょっとネックなコリン・ファレルだけど、漁師役ってのはなかなかイケてるかも。

コリン大好きな人は只今上映中の「Dr.パルナサスの鏡」で思う存分ご堪能あれ!!

PR
おはようございます
へぇ!漁師姿似合いますね!意外な発見です^^
ワタシ、コリンってどっちかってぇと苦手な役者さんなんで(ファンの方、ごめんなさい)作品はほとんど見たことないです。
以前『マイアミ・バイス』観てがっかりしたし~。まぁ、コリンがどうのじゃないですけど…。脚本の問題かな。
この作品、ワタシ知らないけどおとぎ話みたいな感じなのかしら?何かロマンティック♪
本当に人魚なのかしら???
先日、旦那母が『アバター』を観てきたそうで…。
大絶賛してました!麦子さん観ました?
ワタシは観る予定まったくなかったんですけど、そんなに大絶賛なら観てみようかしら?っって気になってきましたわ(笑)
録画したのも溜まってるし、買ったDVDまだ観てないのも多いし…。誰かワタシに1日でいいから自由な時間をくれ~!!!
すみません、愚痴ってしまいました(汗)
ああ!そうだ!
先日の映画祭で松ケンが川崎に来たそうですね!
ワタシ知らなくって!知ってたら行ったのに~!!!(近いのです)
少し暖かくなってきましたね^^
春はもうすぐですね♪
あんじぃさん / 2010/02/10(Wed) / 編集
Re:あんじぃさん
そうなんです、漁師がなぜか似合ってしまうのは何故でしょうか。
やはり眉毛ボンだからでしょうか… 
相変わらず濃いです。
話はどうなんでしょうか、ファンタジーというよりもヒューマンドラマという感じがしますね。

「アバター」は見ました。
ジェームス・キャメロン監督はいろいろ話題作りが豊富ですし、やっぱり面白い映画を撮れる監督なんだなと
あらためて思いました。
ストーリー自体は目新しいという感じではなかったのですが、クリスマスキャロルとは違った3Dも興味あったのと、
主役のサム・ワーシントンがみたかったのが一番の理由かもです。笑

松ケンが川崎に来てたんですか!
見れなくて残念でしたね
あんじぃさんは川崎なんですね。
もしアバターをご覧になるのでしたらぜひ109シネマズのIMAXでご覧になったらいかがでしょうか。
他の3Dとは臨場感がまるで違うIMAXシアターです。
日本ではまだ4館しかない設置されてないんです。
川崎はちょっと遠いので羨ましい!!
もしご覧になったら是非感想を聞かせてくださーい。
いつも楽しいコメントありがとうございます。
嬉しいです。
麦子さん / 2010/02/12(Fri) / 編集
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


麦子ツイート


twitter / shirokuroobrian
メロダチお気軽に







コメント
[05/15 Backlinks]
[10/10 ミアリッヒ]
[05/25 Re:あんじぃさん]
[05/18 あんじぃ]
[04/26 麦子]
[04/19 あんじぃ]
[04/15 麦子]
[04/14 あんじぃ]
[04/01 麦子]
[03/27 あんじぃ]
UNION好き
岡田将生ユニオン




プロフィール
NAME:
麦子
誕生日:
1010/10/10
趣味:
映画 妄想 ビール 
ブログ内検索
バーコード
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]