忍者ブログ
日本公開前の映画の紹介* 見た目は大人 頭脳はハッピーセットな管理人の嗜好も*
20 . October
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

17 . February
スウェーデンとアメリカではすでに公開になっているヴァンパイア映画、
「Let The Right One In」です
サイトはこちらです。注:トレーラー少々グロイよ。

ストックホルムに住んでいる12歳のいじめられっこオスカーの隣に引っ越してきた同い年のエリ。エリが越してきてから、住人の失踪や殺害などの奇妙な事件が相次ぐ中、エリの不可解な行動からやがて吸血鬼だと知るオスカーだが、仲良しのエリを見捨てる事が出来ない…。
こうやって書くと人間とヴァンパイアの友情っぽいですが、映像はグロいです。
しかしさすが北欧、静寂な町並や雪景色など、身震いする程美しいです。合い重なって逆に怖さを増します。レーティングはRです。やはり!

 [監督] トーマス・アルフレッドソン
 [出演] カーレ・ヘデブラント:オスカー
     リナ・レアンダーソン:エリ

ヴァンパイア映画、なんだか目白押しな感じですが私オンリーでしょうか?
前にも書きました、すでに皆様もご存知の「Twilight」、吸血鬼の青年と少女のラブストーリーです。
そのステファニー・メイヤーの作品、イタリアでは売り上げベストテンのうちなんと4作品も入っているそうです。A新聞での記事です。
イタリアの辛口評論家は「あんな話のどこがおもしろいんだ」とぼやいてるそうですが、いいか悪いかの評価はさておいて、売れてるそうです。
スティーブン・キングは「へたくそ!」とダメだしコメントしておりましたが。

その他吸血鬼映画ですが、英国児童文学「ダレン・シャン」からの第一話「奇妙なサーカス」 「シルク・ド・フリーク」です。
ギャラリーはこちらです。

渡辺謙がサーカス団のオーナー、ミスター・トールを演じます。
ふうむ、なぜに渡辺謙なのか…
主人公ダレン役にクリス・J ・ケリー、友達のスティーブにジョッシュ・ハッチャーソン、ウィレム・デフォーもヴァンパイア、ガブナ・パール役で出演します。
一時撮影が放棄されていたこの作品ですが、ユニバーサルスタジオが映画化権を獲得、2008年より撮影に入ってます。
「シルク・ド・フリーク」以下3巻まで映画化が決定しているようです。

お国が違えばヴァンパイアのタイプも違いますね。いろいろ公開が楽しみな吸血鬼達です。
それにしても「トワイライト〜初恋〜」の初恋っての、どうにかならんのかい…
なんか本題よりもこっちが気になる私。
「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」とかね…
PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


麦子ツイート


twitter / shirokuroobrian
メロダチお気軽に







コメント
[05/15 Backlinks]
[10/10 ミアリッヒ]
[05/25 Re:あんじぃさん]
[05/18 あんじぃ]
[04/26 麦子]
[04/19 あんじぃ]
[04/15 麦子]
[04/14 あんじぃ]
[04/01 麦子]
[03/27 あんじぃ]
UNION好き
岡田将生ユニオン




プロフィール
NAME:
麦子
誕生日:
1010/10/10
趣味:
映画 妄想 ビール 
ブログ内検索
バーコード
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]