忍者ブログ
日本公開前の映画の紹介* 見た目は大人 頭脳はハッピーセットな管理人の嗜好も*
18 . November
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24 . February
「ベンジャミン・バトン」観てきました。
一人の数奇な人生を拝見する、という内容なのですが、何で?とか 原因は?とか
そういうのは一切省いてひたすら追っていくベンジャミンの一生。

何だろ、この脱力感、すっかり人生を終えた人のような気がしてなりません、私。
ベンジャミンの80年間の人生、いったい今のベンジャミンの容姿は何歳くらいなの?
と、時折疑問を抱きながらも、ケイト・ブランシェット演じるデイジーの成長具合で、
こんくらいか?と暫し確認する。
だんだん若返る肉体のブラピならぬベンジャミンですが…ん? 若返る?
たしかに若々しいメイクでござるが、ある一定の時期は殆どかわりません。
そしてある日突然あらわれたベンジャミン、シワ無し加工のつるつるピット!!
おおお?「リバーランズスルーイット」な?「スリーパーズ」な? ブラピの完成だ。

個人的愛情なネタバレ…ご興味ない方はまったくバレっぽくないですが、いちおう…orz

12歳のヤングベンジャミンを演じたのは、なんとブラッド・レンフロ似だった。
ん?似てる? …ちと似てる、「依頼人」のレンフロに似てる。
レンフロの方がそりゃまー、カッチョいいに決まっとりますですよ。しかし!!
なんてこった、レンフロは「スリーパーズ」でブラピの子供時代を演じてましたが、
ここでこのレンフロ似のスペンサー・ダニエルズを起用するなんて、
チョイ、涙ちょちょぎれますた。勝手に一人盛り上がる私であります。
何だかな…心臓が痛い。レンフローーっと心の中で雄叫び。
スペンサー・ダニエルズギャラリーこちらどうぞ。

オリジナルタイトルの「キュリアス ケース オブ ベンジャミン…」のキュリアス、
不思議なとか奇妙なというような意味ですが、
「The curious case…」と「curious case」、訳され方の違いは日本語と英語のニュアンスの違いでしょうか?
特定なタイプの”ひとつ The”と位置づけしての状態だから「おサル」と訳されるのか…
よくわかりませんが、この映画のタイトル「The curious…」は「おサルのケース」と訳されるのが面白い。
何が言いたいのかというと、オリジナルタイトルで訳すると「ベンジャミンバトン おサルのケース」という事になりますが、
漫画にあります「おサルのジョージ=キュリアスジョージ=」を思い出しました。
っで、6歳のベンジャミンを演じるチャールズ・ヘンリー・ワイソンが映画の中で着用していたTシャツには『さる』のイラストがプリントがされています。
…オタな感じの視点が痛い… 
偶然なのかどうなのか、こういうジョークが可愛いい反面、複雑。
あどけなく可愛い外見の彼、でも余命◯◯年、見た目は子供、頭脳は老人… 
なんかどっかで聞いた事あるこのフレーズ…  いや、ないな!!

ともあれ、いままで体験した事ない感情が沸き立つ不思議な映画でした。
なんかネタバレとはちょっと違う記事ですた。
PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


麦子ツイート


twitter / shirokuroobrian
メロダチお気軽に







コメント
[05/15 Backlinks]
[10/10 ミアリッヒ]
[05/25 Re:あんじぃさん]
[05/18 あんじぃ]
[04/26 麦子]
[04/19 あんじぃ]
[04/15 麦子]
[04/14 あんじぃ]
[04/01 麦子]
[03/27 あんじぃ]
UNION好き
岡田将生ユニオン




プロフィール
NAME:
麦子
誕生日:
1010/10/10
趣味:
映画 妄想 ビール 
ブログ内検索
バーコード
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]